うつし世も夢路となれり春の宵


by shione48
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

夢うつつ

満開の桜の下、漂う笛の音。
どこから聞こえてくるんだろう?誰が吹いているんだろう?
立ち上がって見に行ったら、墨染めの袈裟をきたお坊様が小僧さんに笛を教えている。
へぇ~、いいもんだなぁ。お坊様に起こられてるけど、小姓さん旨いなぁ。
なんて、思っていたら、なにやら小雨が降り出した・・・
・・・?
あれ、目の前にRalphの顔がドアップである?!

なーんだ、目覚める直前の夢だったんだね、いまの。
でも耳にはくっきりと天上の音楽が残ってる。
不思議だなぁ。美しい音色だったなぁ。。

実はその夢、音楽が聞こえてくる前に、
何故かムカシのオトコが死んでいて&生き返って、そいつと一緒に女の家に行き、
何故かオンナの父と名乗る温和そうな初老の男性に途中で一緒になり、
オンナの家に入ってオトコとオンナを私の前に座らせ(初老の男は私の後ろあたりに座ってた)、
現在までの経緯における、不毛な事実確認を始めていたところだった。
で、その渦中、笛の音が聞こえてき、
あまりに不毛なことをしている自分にも馬鹿らしくなり、
美しい音色に誘われ席を立ち、
満開の桜の下で笛のレッスンしていたらしき二人に出逢ったのだ。

うーーーん、なんだろねー。
いまでも音色は頭から離れない。

Ralphったら、いつものように私を起こしたのに、
いつもと違ってメロディを口ずさみながら目を開けたものだから、
首をかしげて不思議そうに私を見つめていて、可愛かったなー。
あんまり可愛いから、写真撮りたくなり携帯カメラで寝ぼけつつもカシャッ♪

画像保存しようとしたら、あれ~?できないよ?!
なんでだーー??まだ一年4ヶ月しか使ってないのに。
そーいえば。この携帯、ヤツとおそろいだった。
携帯も買い換えろって事かもね。

なんてボーっと思いながら、Ralphを庭へ。
うーん、昨日よりもビッコは気にならなくなってるけど、まだ微妙に歩遥が治ってないなぁ・・・。

お庭の水遊びは暫く我慢して、今日もゆっくり安静にしてようね。
Ralph、がんばれ!
ママもがんばる。
[PR]
by shione48 | 2005-04-19 08:07 | calme