うつし世も夢路となれり春の宵


by shione48
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

歯医者2

下の歯の、治療と型取りのため、
今日も歯医者へGO♪

40ヘーベー程の室内にはピアノベースの環境音楽が流れており、
完全予約制だからか、先生と助手の二人だけ(二人とも女性)。

先生はとてもゆったりとしており、治療中に電話がかかってこようが、
郵便やさんが来ようが優雅に捌き、治療中も、
「次は○○しますからね~」「これは○○なんですよ」
とか、患者にいまどんなことをしているか話してくれるので、
患者にちっとも不安を与えない。
すっご~く安心。

それにあの「キーーーン」を使うとき、ちゃんと麻酔してくれる!

私が無条件にあの「キーーーン」が怖いのはトラウマのせい。
幼少時、他人の前で「痛い」と言うのはとてもだらしなく恥ずかしいこと、
と何故か勝手に思い込んでいた為、処々の治療において気絶したくなる痛みでも、
とにかくひたすら我慢していた。
それにその当時(通院していた病院だけかもしれないけど)、
患者に痛みを与えないために麻酔をするなんて、なかった。

・・・耐えすぎたのがいけなかったんだろうねー。
今じゃ「痛み」全般ダメ、耐えられない。
きっと私は「出産」という女ならではの貴重な体験も、
「痛み」という壁で乗り越えられないに違いない。。
(ま、当分そんな素晴らしい悩みを持てる事態に直面する予定はないんだけどね)

まあ、そんなわけで、
歯医者さんはちっとも恐くも痛くもなかったのだよ。
最近の歯医者ってすごいんだなぁ~♪

家から3分だし、これならちゃんと通えるぞ。
歯は毎日使うから、今後何かあっても安心だわ。
積年の不安?からも開放された~♪
あぁ~~~、よかった。

・・・痛むのはサイフだけか(涙)
[PR]
by shione48 | 2005-10-26 14:17 | calme