うつし世も夢路となれり春の宵


by shione48
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Mignon !( 18 )

働きマン!

久しぶりに、面白いTVが始まった☆

「働きマン」(NTV/毎週水曜日 22:00- )

原作のマンガも面白かったけど、松方弘子役の菅野美穂、ピッタシ!
来週もみちゃお♪
c0061862_22373391.jpg

[PR]
by shione48 | 2007-10-10 22:44 | Mignon !
c0061862_141341.jpgTout le monde Voeux(トゥール・モンド・ヴォー)独自の「セレカール」、
体験いたしました!
ビフォー&アフターでは別人!!!
これならスッピンでもお散歩に行ける。。(感涙)

トゥール・モンド・ヴォー独自で開発したエクステを、
やはり独自開発したグルーでまつげの1本1本につけていき、
そのあとまた1本1本を丁寧にとかしてくれるので、
仕上がりはとっても自然。
長~~~~~く美しい上向きのこのセレカール、
「生まれつきの美睫でーす♪」といっても通じるのではないか?思えるほど。

睫が少なくて短かった私、小さい頃からずっと、
おめめパッチリ&クルリンまつげのフランス人形に
憧れておりました。。。
だからメイクはいつも「目=アイメイク」イノチ!

c0061862_1425873.jpgでもね、セレカール後の私の目(だけ、だけどね~)は、
まさに憧れのフランス人形♥♥♥
歩いていると睫が風になびく感覚なんて、生まれて初めて♥♥♥
セレカールは3週間くらいで自然に取れてしまうそうなので、
これから通ってしまいそう。。。

施術をしてくださった、服部由奈さんは元モデルの名古屋シラカベーゼだそうで、
上品で美しく優しくてスレンダーなとっても魅力的なセレブマダム。

丁寧な施術はとても心地よく、ついうとうと。。
終わった後は美人の瞳になれただけではなく、
何故かカラダとココロが軽い感じに。。

とーーーーーーーーーーーっても素敵な体験をさせていただきました。
YUKARIちゃん、有難う!!!!!!
深謝です。


■こんなに素敵なセレカール、東京でも体験できます。
Tout le monde Voeux(トゥール・モンド・ヴォー)
代官山店、2006年9月23日(土)にOPENしました。
※代官山の電話番号知らないので、HPからどうかお問い合わせくださいね。

【補足情報】
ペットサロンも併設されているので、ママが施術中、ワンはお隣のサロンで、
シャンプー&リンス&カットや、アロママッサージやスチームマッサージなどなど、
していただくことができるので、大変便利です(*^.^*)♪ 
Ralphもやっていただきました~♥
DogGoodsも素敵なものが沢山おいてあるので、お買い物しすぎに要注意かも。。
……え? そんなバカ親は私くらい???

【補足情報2】-2007/5/19加筆
セレカールと上記ドッグサロンの住所&連絡先、見つけました!
ご興味おありの方は、代官山の「PET DESIGN(ペットデザイン)」というお店へどうぞ♥
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――
|■PET DESIGN(ペットデザイン)
|= Le voeux de tout le monde ( ルヴォー・デ・トゥールモンド ) 代官山店
| 東京都渋谷区鉢山町14-5   Tel/Fax. 03-5458-8200
└───────────────────────────────────
[PR]
by shione48 | 2006-09-24 01:43 | Mignon !

プチコキャン

c0061862_2205397.jpg
フランス語で「いたずらっ子」という意味の“petitcoquin(プチコキャン)”

その名前通りに、
ここのショップにはいたずらっこみたいに
可愛く面白い雑貨がたくさん!
それにお値段もお手頃なのだ♪

で、先日購入したものが到着~(^^)
BOXに貼ってあるシールがプチコキャンっぽい♪
こーゆーの、好きだわ~。

なーんて思いながら荷物を開けていたら、
Ralphが傍に。


▼ねぇ~、これなあに~?ボクのオモチャ?おやつ?
c0061862_221630.jpg
ごめんね~。これはRalphが期待しているものではないのだよ~(^^;
BeeのランチョンマットはRalphのだけどね。
c0061862_2212343.jpg
エッフェル塔のGelGems、早速ドアに貼りました♪
うーん、いい感じ。いつかRalphと一緒にParisにいきたいな。
c0061862_2213594.jpg

[PR]
by shione48 | 2006-08-12 20:36 | Mignon !
…なんと。

私が●万円も出して習ったこと、
友人達は「当たり前のこと」として
既に知っていた・・・・・!

なんでなんで~?(涙)

毎日とっかえひっえ全ジャンルの雑誌を見ざるをえなかった環境とは激変し、
ここに転職して以来、何年も精神的余裕がなくて、
雑誌(特に女性誌)とは、とんとオサラバ。。。
加えて、書店にいっても、
表紙を眼に写すだけで中身は見ようともしなかった。。。
…そのせい??

眉のお手入ってさ、自分で出来なくっても
ボビーブラウンやアナスタシアでやってもらえるんだって!
そんなこと、知らなかったよぅ~ <(>_<)>
(…アナスタシアって、コスメブランドじゃなくって、「アイブロウ専用トリートメントサロン」だったのね?! )

あああ。
無知ほど手におえないものはない・・・
これからは、ちゃんと女性誌を熟読しよう。。。

・・・ _| ̄|●

あああ。
しょつく。
[PR]
by shione48 | 2005-09-26 19:08 | Mignon !
昨日、今日と金曜日に受けたメイクレッスンのおさらいをして練習したけど、
ビミョーに顔が違うんだよなぁ。。
レッスンの時の道具と全く同じではないからか?

とはいえ、絶対にレッスン前の顔とは違うハズ。
とりあえず習ったことを取り入れて覚えるのだー♪
・・・でも今までこんなにしたことないので、かなり大変だよ、、、(@_@;)

■講義概要はこんな感じ/メイクアップ■
○アイメイク
 ・中太の平筆使用
 ・薄い色から濃い色を乗せていく
 ・眉頭からアイホールの内側にベージュゴールドを乗せる
 ・薄いカーキをアイホール全体に乗せる
 ・濃いカーキを目のキワからアイホールの半分くらいにぼかす
 ・下まぶたに薄いブルーパープルを乗せる(目頭と目尻にも忘れずに)
 ・アイラインを筆で、まつげとまつげの間を埋めていくように入れる
 ・目尻は少し吊り上げ気味に、まつげと同じ長さで書く
 ・下まぶたはブラウンのペンシルで黒目の中程まで書く
 ・まつげのギリギリ奥から毛先にかけて、ビューラーで少しづつ根元から上げていく
○アイメイク
 ・瞳の真ん中から、目頭、目尻の順につけていく
 ・マスカラを根元にあて左右に動かしてつける
 ・最後にまつげの間隔を整えるために、マスカラを縦にして下から上につけていく
 ・下まつげもマスカラを縦にしてつけていく
○チーク
 ・薄い色を薄く(少しだけ)つけること
 ・シェーディングを頬骨の角の真下から奥にサッと刷く
 ・ハイライトを目の下から頬にかけてトントンと置いて立体感をだす
○リップ
 ・ナチュラルベージュを唇の皺に逆らって塗る
 ・透明なグロスを少しだけつける

これで終了~!
ベースメイクがかなり大変だったから、上モノを塗るのは楽しかったなぁ♪
とはいえ、楽しみすぎて色の厚塗りは要注意!、だけどね(^^;
[PR]
by shione48 | 2005-09-25 23:20 | Mignon !
c0061862_13564559.jpgひょんなことから、嶋田ちあき メイクアップアカデミー の
「パーフェクトメイクアップ・レッスン ベーシッククラス」
にいくことに。
11時~17時まで、ランチをはさんで
午前の部と午後の部にわかれての6時間コース!
もちろん講師は「嶋田ちあき」。

感想は・・・
凄い!!!のひとこと。

レッスン終了後の顔は、
自分の顔なのに自分じゃない!
若々しく生き生きとなんだかすっごーーーーく綺麗!
きゃぁ~~~!?!?
化粧って奥が深いのね。。

c0061862_1238180.jpg前半はベースメイク、後半は上ものの使い方、それぞれ講義と実践。
講義では奥様の真理子さんがモデルで登場。
42歳には見えな若々しさ!
佐伯チズさんのところに通ったり、ご夫婦でトレーニングしたりしているらしいけど、
ご主人が「嶋田ちあき」なんだもん、絶対綺麗になるよなぁ、、、
なんてモトが違うのはさておき、ひがんじゃう(^^;
嶋田ちあきは「真理子さん」って呼んでいて、
すごく大事にしているようにみえ、些細なやり取りの仲にも仲のよさがにじみ出ていて、
二人ともとてもいい感じのご夫婦でした。

嶋田ちあきさんに私の眉をやって頂いているとき、
突然入り口付近から歓声が聞こえてきて、嶋田さんの動きが急にぎこちなくなる。
ふとみたら、嶋田家の愛犬、トイプードルのレノン&バンデルが教室に乱入♪
弟のバンデルはすぐつかまってしまい先に戻されていたけど、
お兄さんのレノンはおなか出して、みんなからなでてもらってご満悦。
嶋田さんはレノンの姿が見えなくなるまで、気はそぞろ。
ふと顔をみたら、目じりが下がってデレ~(失礼!)っとして愛犬を見つめてる。
あは。 やっぱ嶋田さんも親バカなんだ~(^m^)♪
妙にシンパシーを感じてしまいました。えへ。

『美を作るのは、内側から。
 運動・食事・睡眠、この3つが大事。』


運動は大事でもマラソンは30過ぎたらあんまりよくないらしい。
引力で、走るたびにほっぺたも上下運動するから下がりやすくなるからだって。
それよりも、お風呂で体温を一定に保って、30分入るほうが良いんだとか。
また、洗顔のしすぎは大事な皮脂まで失われるのでダメ。
毎朝毎晩洗顔するなんてもってのほか、らしく、
一週間に一度だけしか洗顔はしちゃいけないとのこと。
朝は冷水で顔を洗うだけにしなさいって。
あと、睡眠は7.5時間がいいらしい。。

■講義概要はこんな感じ/ベースメイク■
○クレンジング/アイメイク
 ・二層タイプのクレンジングで
 ・目の周りの皮膚は薄いので強くこすらない。しみ・しわ・くすみの原因になる。
○クレンジング/全体
 ・オイルクレンジング
 ・上から下、内から外に向かって皮膚を動かさないように滑らせて洗う。
 ・乳化させて、さらっとするまで数回洗う。
○化粧水・美容液等のつけ方
 ・手で包み込むように顔全体を押さえて塗る。
 ・肌に浸透してから、次にいくこと。
  ex)化粧水‐3分後→オイル‐15分後→美容液/乳液
c0061862_22351582.jpg○コントロールカラー
※これが大事!ここで丁寧にケアすると、化粧のモチが違うのだ~!
 ・顔の広いところ(おでこやほっぺとか)から、薄く延ばす。
 ・崩れやすいところ(小鼻とか)は少量を薄く延ばす。
 ・まぶたの上は皮膚が薄いのでたたいて延ばす。
 ・目頭の付け根や目のキワも忘れずに
 ・カバー力が欲しい部分はたたいて重ね塗り。
○ファンデーション
※加齢とともに薄くつけること!
 ・明るめと暗め2色のファンデを手の甲で混ぜて使う(あごに乗せて色を確認)。
 ・首の色よりやや暗めの色を作ること(あとでパウダーを乗せると自然に明るくなる)。
 ・目はコンシーラーをつけるので、ファンデは塗らない。
 ・中央から外へたたいて延ばす。
 ・生えギワも忘れずに。
 ・最後にスポンジでたたき、余分なファンデを取る。
c0061862_2236382.jpg○ハイライト(コンシーラー)
 ・目の周り(目の下、まぶたの上)
 ・ノーズハイライト
  (眉の中程と鼻の中程迄の小さなTゾーンに一番明るい色を乗せる)
 ・ほお骨の上(立体的に見せるために暗めの色を乗せる) 
 ・アゴと法令線(一番明るい色を乗せる)
 ・ほほの赤味やしみ、そばかすなど(グリーン、一番暗い色)
 ・目の下のクマ(青の補色の赤系の色か一番暗い色)
 ・口角のくすみ(口角が上がって見えるように口の端から上に向けてハイライトを乗せる)
○フェイスパウダー c0061862_22393319.jpg
 ・パフにパウダーを取り、パフによく揉み込む。
  そうすると粒子が均一にパフに入り綺麗に顔に乗るんだとか。
 ・目の周りからトントンとつける。
 ・目頭のくぼみや目尻も忘れずにつける。
 ・全体につけたら、余分なパウダーをブラシで払って軽く取る。

ここまでに手をかければかけるほど、仕上がりの肌の自然な美しさや
モチが全く違ってくるんだそう・・・・。
ひょえ~・・・・・・・・!
どんなに長くたって、毎朝15分程度しかやってないよ。。
もうカルチャーショック。。。

○眉
※足りないところは書き足す!
 ・眉頭 : ノーズラインにあっているかどうか。
 ・眉山 : 骨格と筋肉で決めること。
       おでこの角のところが「正面顔」と「横顔」の境。ここよりチョイ外側を山にする。
 ・眉尻 : 耳の付け根に向かって決める。
 ・色  : 自分の眉色よりも明るい色(ブラウン)の濃淡で。
        淡い色から書いていくこと。
 ・道具 : パウダータイプを用い、足りない部分だけペンシルで。
 ・書き方: 眉頭のあたりから眉山、眉尻へ。
        眉の上は毛が立っているよう自然に見せる為、書いてはダメ。
        筆は放さず引いて、眉尻の最後は習字で筆を引くがごとくスーッと離す。
 ・カット: 外から内にはさみを持ってきて、余分な毛をカットすること。
        絶対に余分な産毛は毛抜きで抜く。

・・・・あああ、ここまでが前半で、14時半までかかったかな。
この段階ですでにぐったり。。。
最初は「6時間だなんて、長すぎるよっ!」って思っていたけど、
自分で習得するには短すぎる~~~・・・!

ここでランチボックス頂いてから、15時過ぎから後半のメイクアップレッスンへ。。。  <続く>
[PR]
by shione48 | 2005-09-25 13:42 | Mignon !
c0061862_018283.jpgトゥモローランド渋谷店で、
PENHALIGON'S(ペンハリガン)のフレグランスに遭遇。

PENHALIGON'Sの創業者、ウィリアム・ヘンリー・ペンハリガンは1860年代、もともとは理髪店を営んでいたらしい。
彼が創り出す豊かなイングリッシュ・ハーブや天然の花々を贅沢に用いた伝統的な製法のポマードや化粧水や香水は、お店がイギリス・ロンドンの上流社会が集うジェラミン通りにあったせいもあり当時大変な評判となったらしい。
以来、時の首相チャーチルを始めとした多くの政治家や王侯貴族たちが足繁く通う「高級トータルグルーマー」として、不動の地位を確立したんだとか。
ビクトリア女王時代後期と1956年にはエディンバラ公が、また、1988年にはチャールズ皇太子から「王家御用達」 の称号を与えられた。

通りすがりにボトル達の可愛らしさに目を引かれ、
気になるデザインのボトルの香りからテイスティング。
途中鼻がいたくなったけど、お店のお姉さんがコーヒー豆を差し出してくれて復活、
全種類制覇?しました~。

で、気になったのがこれ、“Ellenisia(エレネシア)”

ファーストノートは、ガーデニア。
甘くやわらかく優しい香りなんだけど、ローズの香りできりりと締まる感じ。
日本の桜と、背が高くほっそりした色の白い日本女性をイメージして作られたフレグランスで、
ケルト語の“Elen(妖精)”からネーミングされたんだとか。

ミドルノートはファーストノートよりもやわらかく、さらに甘い。
でも、ラストノートはまた凛とした香りになっていて、
これから先の寒い季節に少しだけつけて薫らせるなら、
とっても素敵かも♪

思わず衝動買いしてしまいました(^^;

トゥモローランド渋谷店ペンハリガンコーナーでは、
頼めばチューブ・サンプルがいただけるそうなので、
他の香りも試してみようかな。
ちなみに全てのフレグランスのラインナップに
石鹸やタルカムパウダーや乳液など、ボディケア一式が揃えられてます。


【参考】
PENHALIGON'S(ペンハリガン)

トゥモローランド
 渋谷店:東京都渋谷区渋谷1-23-16 1F,B1F  TEL:03-5774-1711
[PR]
by shione48 | 2005-09-21 00:39 | Mignon !

ありえない~(>∀<)♪

c0061862_22414864.jpg夕方のお散歩のとき、ワンコ仲間から、近所のセブンイレブンとケーキやさんのリニューアル(&お買い得)情報、入手。
で、散歩帰りにケーキ屋さん覗いたら、売れ切れでお店が閉まってる。
買う気満々だったから、ガッカリ。。

しょーがない!んじゃ、セブンイレブン行くかっ♪

普段はRalphのご飯と同じもの食べてるから、コンビニにはめったに行かない。
ついつい目が欲しくなっちゃって、こんなに買っちゃいました~(>∀<)♪
この他に、アメリカンドッグ、おでん数種、牛乳、ヨーグルト♪

うぅ~ん、こんなに一度に買ったの何年ぶりだろ?
きゃぁ♪すごいっ♪♪♪


でもさ。。。
よく考えると(よく考えなくても?)、
これ明日中に食べなきゃいけないんだよね。
また早起きしてたくさん散歩するしかない・・・!?


うぅぅ~ん、、、、
コンビニ弁当って冷凍保存できるかな?
[PR]
by shione48 | 2005-09-03 22:48 | Mignon !

ハートポン!

c0061862_1265487.jpg『2005年6月28日
 あなたの愛犬がハンコになる、 「ハートポン」販売開始。』


こんな文字を見つけてしまい、クリック。
なんと、ケータイ画像を送るだけで綺麗な写真のハンコを作ってくれるんだって!

『ハートポン!』は印刷と同じ原理を使用して、
ミクロ単位にインク並べることで画像を表現するのだとか。

印面シートに無数のミクロ単位の穴をあけて画像を表現し、
このミクロの小さな穴の中へ、毛細管現象で特殊インクの粒子を浸透させて、
画像の濃淡や小さな文字まで、印刷と同様に鮮明に捺印するらしい。
だから、ポン!と捺印するたびに綺麗な写真画像が印刷されるんだって。

c0061862_1264735.jpg
へぇ~。そーなんだー。

Ralphのハンコ、作ってもらおっかな♪
とっておきの写真、取り直さなくっちゃ~♥
[PR]
by shione48 | 2005-08-26 11:55 | Mignon !

簪(かんざし)♪

c0061862_16271925.jpgいま愛用しているのが、簪(かんざし)♪

棒一本だけで、髪がすっきりまとまってしまうなんて、
日本人の知恵?ってスバラシイ~!

使っていた簪が折れちゃったので、いろいろと探した結果、
下北沢の「かすう工房」を発見。
個性的でおされなデザインが沢山あって、シンプルなのもあるし、
なかなか良さそう!

早速お店に行って、右側のかんざしを入手。
小ぶりな飾りが上品で可愛らしく、これなら仕事でもOK!
軸の素材が水牛の角だから、かなり丈夫かと思ったんだけど、
入手後2日に真中からボキッ!!!
え~・・・・、別にバカ力入れたわけじゃないのに~…(涙)
c0061862_18102542.jpg
お店に電話したら、交換してくれるというので仕事終わってから下北へ。
電話する前は、いいとこ有料修理で棒部分交換かなー、って思っていたので、
お店の対応はちょっとびっくり&嬉しかった。

でもなー、、
ここの商品全部手作りだから、一本一本微妙に違うし、交換してもらえて嬉しいんだけど、
同じデザインの中から厳選して買った私としてはちょっとなぁ・・・
それに、一度折ってしまうと使うのがかなりコワイしなー・・・
そんな我儘なことを思いつつ、お店で改めて沢山の簪を眺め、
吸い寄せられたのが左側の簪。

こっちは棒部分がかなり丈夫な木で出来ていて、
水牛とは比較にならないくらい頑丈なんだとか。
「頑丈」という言葉と、デザインが気に入り、結局買ってしまった。

たしかにこれは使いやすい~♪
最初から、こっちを買えばよかった!
でも、なるべく飾りが目立たないものを探していたから、目に入らなかったんだよね(>_<)

簪の飾りは思ったほど邪魔にならないし、デザインを選べばアクセントにもなるし、
スーツでもイケル。

かんざしの着け方も、すごい簡単だし、アレンジもしやすいし、
髪の長い方、「簪」かなりオススメでございます♥
[PR]
by shione48 | 2005-08-24 17:56 | Mignon !