「ほっ」と。キャンペーン

うつし世も夢路となれり春の宵


by shione48
カレンダー

<   2005年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

宴のあとの

昨夜のホームパーティは、頼れるHiromiさんのお陰で無事スタート♪

キュウリをピーラーで皮を剥いて縞々にし、たたいてから塩もみ、
それを一本のまま串にさし、端チョコバナナみたいにして冷やす。
食べやすいし、美味しいし、お祭り気分も味わえてGood!
あと、茹でトウモロコシ、野菜スティック、冷やしプチトマト、枝豆。
…枝豆って、房の端を切って塩もみしてから茹でるって知らなかった!!!
ぜーんぶ、Hiromiさんが手早くパパッと作ってくれた!
次々に出来てきて、その手際の良さと知識、とても同い年とは思えない。
うーーーん、凄い。。
いちお、野菜スティックのソース2種、私が作りまちた(汗)。

Mayumiさんからは、お手製のケーキ各種!
ホルトハウス房子レシピの激ウマ!チーズケーキとフルーツケーキ。
Keikoさんからは、特製の紅茶豚。

Ariさんからの白ワインに
Takakoさんのデーザートワイン、
Mayumiさんからビールも差し入れていただき、
準備していた沢山のお酒とあわせて飲みきれないほど。
(実際すごく余ったので、次回開催時まで持ち越し・・・)

サンドゥイッチ、鶏のから揚げ、〆はパエリア。
そういえば、葡萄の差し入れと、サラミソーセージの差し入れは、
どなたからだったんだろう?!

どれも全部、本当に美味しかったなぁ!

16時頃から本格的に飲み始め、20時には大酔っ払いの出来上がり。
お開きは24時頃だったと思うんだけど、最後の方は寝てしまい、記憶も飛び飛び。。
自分がホストなのに、だらしなくて恥ずかしい・・・(>_<)

みんなはとても優しくて、お片づけまでしてくれて、
会費まで置いていってくれていた。。

Ralphは鶏のから揚げを盗み食いしちゃったけど、
総じてオリコウでした♪
ドックレッスン一年間みっちりしただけはあるわよね♪

結局、12人(よっくん入れると13人!)も暑いなか不便なとこまで集まってきてくれて、
美味しく飲んで食べておしゃべりして、ほんとに嬉しく&楽しかった一日でした(*^.^*)


ホームパーティって、会費制にしても必ず持ち出しはあるから、
その点は覚悟しないといけないんだけど、イイコトが沢山あるの!

①ラルフと一緒にいられる
②準備の掃除で部屋が片付く
③家だから気楽
④みんなのお手製の美味しいお料理やお菓子が食べられる
⑤美味しいお酒が沢山飲める
⑥私は家に帰らなくてヨイ!

こんなに一石何鳥なものはナイから、止められない趣味になりそう。

でも、流石に翌日の今日は二人でお昼寝三昧。
宴のあとの、このけだるさって大好き。
あああ、本当にいい週末だったなぁ~。
幸せだなぁ。

幸せ、と思える“現在”であることに深謝です。
[PR]
by shione48 | 2005-07-31 23:27 | amie

日頃のツケ

明日、、っていうか今日は15時から女友達とホームパーティ♪
庭を使って、ガーデン・ビアパーティをするのだ♪

みんな仕事しているから、特別な用意はせずに美味しいデリを活用。
私は料理の天才じゃないので、無理に頑張ったりはしないのだ。
でも、いちお、これらは用意するつもりで材料購入。

・えだまめ
・ミニトマトの冷やし
・冷やし塩もみきゅうり
・茹でトウモロコシ
・野菜スティック

んで、あとは、デリだもーん♪
デ~リデリ♪デッリデリ♪
いや~、東京のデリ文化はすっばらしぃ!

一番大事?な飲み物ももう冷蔵庫に入っているし、
紙コップや庭に敷くビニールシートも容易万端!!!

・鶏肉屋さんのトリカラ
・サンドイッチのデリ
・パエリアのデリ
・差し入れのお料理!
・差し入れのケーキ!
・ポッキーとかのつまみ
◎ビール、シャンパン、ワイン、フローズンカクテル、
◎ジュース、お茶、アミノサプリ

そーなんだけど。
だけどだけど。

肝心の部屋、掃除してなかった・・・・・!

平日はテキトーに散らかし、毎週金曜日に掃除して
週末用にレイアウトも変えてはいるけど、自分とRalphだけだから、
そんなに隅々までやっているわけではないのだ。

23時過ぎから、始めて洗濯もしたりしながら、約4時間!
やっと終わったよ~~~(涙)

やっぱり普段から、少しづつキチンとしておかないとダメだね・・・(_ _+)
こういうときにツケが回ってくるもんね。
あー、つかれたー。。
[PR]
by shione48 | 2005-07-30 03:17 | amie

二次面接

本日、7/15(金)に面接に行ったA社の二次面接。
今回も前回同様、2時間あまりの面接となった。

最初の一時間は、先日の面接相手の担当室長と一対一で、
改めて書類の内容や募集職種の職務内容等の再確認。
次の一時間は、室長の上の担当部長と一対一で、
再度書類の内容確認と、質疑応答。

面接の最後に部長は、
「結果は●●●さん経由でご連絡します。」と。

部長への質疑応答の際、
募集職種の実際の業務範囲や、指示・情報伝達経路、
経営者との距離等を聞いてみたところ、思っていたよりも状況は良かったし、
仕事はとてもやりがいがありそう。
面接者二人とも、すっごーーーーーーーい切れるし、まっとう。
現在の勤務先には少数しかいないタイプ。
そんな人達と、一つの目的に向かって一緒に働いてみたいとも思った。

室長も部長もとても真摯に誠実に丁寧に、自社の事や募集職種の事などを説明してくれ、
こちらへの質疑応答もこちらの立場までおりてきて熱心にインタビューしてくれた。
とても感じが良かったけど、正直、客観的な感触じゃないから、結果はわからない。
やっぱり今日も緊張してしまったし。。。
すでにB社は一次面接で撃沈しているし。。。
面接時の感じがよかったかもと思っただけで受かるような甘いもんじゃないはずだし、
どんな結果が来るか、来るまでドキドキハラハラ、
オソロシイよ。。

室長から、
A社の雇用ランクを説明された時に、
「あなたの場合は●ランクになりますね」といわれたことと、
部長へと面接が移る直前に、
「A社までの通勤時間はどのくらいですか?」と聞かれたこととだけが、かすかな希望。

今まで自分に縁のないギョーカイでなんの知識もないから、
もし転職できたとしても、その後の勉強はとても大変だと思う。
でも、そんな業界の企業で面接を受け、そこで働きたいと思っている自分がいて、
いま結果待ちの状態だというのが、とても不思議。
いい結果が来ると良いな。。


■ 一次・二次面接で説明を受けたのは、下記項目 ■
○亜A社の歴史、位置づけ、目指す方向性
○募集の目的、求めている人材像
○採用部署の人員、職務内容

■提出書類の内容以外で質問されたのはこんな項目■
○あなたのキャリア・パターンは?
  1.上昇志向/出世志向
  2.キャリア志向/職人的志向
  3.お金とタイトル志向/それを求めて転職繰り返すパターン
○あなたの性格は?
○A社で何をしたいのか?
○何でA社なのか?
○採用となった際、●●の目的遂行する為にはどうしたらいいと考えるか?
[PR]
by shione48 | 2005-07-29 01:31 | travailler

しゅ♪

c0061862_15335013.jpg
シャチョー賞で30万円ゲットしたヒトが、全スタッフへ朝イチ粋なプレゼントを!
もれなく私も頂いちゃったのは、出荷までに2週間待たされたたという、“濃厚ミルクシュー”

もちろん!新鮮?なうちに頂きました♪
おいちかった~(*^.^*)


c0061862_15315541.jpgシューを割ると、中からは真っ白なクリームが。
カスタードみたいな風味だけど、ミルク味の甘くてさっぱりしたクリーム、一気に胃の中に入ってしまった♪

台風一過の今日は、透き通った青空に白い雲、
明け方に超ステキな甘い夢をみて 寝覚めはいいし、
朝っぱらから美味しいシュークリームも食べれたし、
なんか幸せ~♪
たのしいな♪

今日はとってもテンション高く、ナチュラルハイ。

やっぱ、気圧って大事よね。
うん。
雨や台風の時って、意味もなくブルーになるしカラダもだるいもん。
きっと今日1日は、とっても素敵な一日になるに間違いない。

あー、なんか気分いいわ~。
あーー、幸せ♪♪♪


【補足】
上の画像は担当取締役がノリノリで取ってくださったもの♪(^^;♪
下の画像は同僚がパパッと加工してくれたもの(どうやって加工するの~?!) 。
2人に感謝です。
[PR]
by shione48 | 2005-07-27 10:47 | mangez
> 自分がどんな風に感じているのかに敏感になれずに
> 相手の感情に敏感になれるはずがない。


・・・友人のブログ読んで、グサッときた。

いつからか自分が傷つきたくないばかりに、
自分の感情を麻痺させるようになり、
その結果自分自身が分からなくなっていた。
全ての機軸は自分。
全ては自己中心。
そんな自分に、他人の気持ちなんか分かるわけない。。


> 自分の感情を観察するコツは
> 今、自分は何を感じているのか
> 今、自分は何をしたいのか
> という問いかけ。
>
> そして、その感情と付き合うコツは
> そんな風に感じている自分を受け入れる事。
> 相手についても、同じように思いを馳せ、受け入れる事が大事なんだろうなぁ。


今日からやってみよう。。
自分が変わらなきゃ、人生変わらないものね。
[PR]
by shione48 | 2005-07-26 10:49 | C'est la vie?!

台風7号接近

急に大雨。
Ralphには可哀想だけど、ちょっと散歩はムリ。

c0061862_21495596.jpg友人からもらったCDをかけたら、今夜の天気&気分にぴったり!

Rick Wakemanの「The Piano Album/FROM US 」。

なんでもプログレッシブロックのアーティストが演奏している、
ピアノのCDらしいんだけど、優しくて暖かで美しい音色、
お日様みたいに心の隅まで包んでくれる。


~ リック・ウェイクマンは、6才の時からピアノを始め、14才でセミ・プロ・バンドの仕事を始めたらしい。その後、ロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックに通い、ピアノとクラリネットを学ぶ。この頃からスタジオ・ミュージシャンの仕事もし、キャット・スティーブンスやデヴィッド・ボウイのセッションにも参加したんだとか。1970年4月にストローブスに参加し、1971年にイエスのメンバーに。72年暮に初のソロ・アルバム「ヘンリー8世の6人の妻」を発表、センセーショナルな話題を呼ぶ。イエス6枚目のアルバム「海洋地形学の物語」発表後、突然脱退。
1974年1月18日、ロイヤル・フェスティバル・ホールにて、コンサート形式の作品「地底探索」をライブ・レコーディング。このアルバムを含めて3枚のソロ・アルバム発表後、再びイエスに加入。アルバム「究極」で再び話題に。 (参照:プログレ・キーボード編) ~

・・・そーんなこと、まったく知らなかったんだけど、
このCDはとっても素敵。
彼のCD、もっと聴いてみたくなる。

なんて優しい音色なんだろう。
心が平らになっていく。
ありがとう。
[PR]
by shione48 | 2005-07-25 21:32 | musique et musée

だめだし

・客観性を失わない。

・相手が何を思っているのか考える。

・段階を一つ一つ踏んでいく。

・主導権は男性になるようにもっていく。


女友達にダメダしされたポイントのいくつかがこれ。

もしも自分がしているのと全く同じ事をワタシがされたら、、、?!
うん、完全に引くな。
そんなヤツ、ウザイし面倒臭そうだもん、
すぐ切るわ。

…!!!!!
そーゆーことを私がしてるってことなんだわー!


あーあ。
なんで自分はこんなに ジコチュー なんだろう・・・!
涙・涙・涙…、、、うぅ。
あーあ。
しおしおだよ。

はぁ。。。
[PR]
by shione48 | 2005-07-25 14:28 | C'est la vie?!

キャンドル・リレー

c0061862_23385750.jpg
友人の独立記念パーティに参加。
久しぶりにあう友人は、とっても凛としていてかっこよく、
こころなしかメイクも、ナチュラル上品なマダムっぽい雰囲気で、
会の主役らしい華やかさをかもし出していて、うっとり。

嶋田ちあきさん直伝のメイクらしく、
上モノではなく、下地とハイライトにコツがあるんだそうだ。
うーーーむ、今度彼女に教えてもらおう!

パーティは、田園調布駅前の一軒屋サンドイッチ・アイランドで。
総勢80名ほどが集まったようで、とても賑やか。
美命(みこと)の器を用いたお茶会に始まり、19時過ぎから乾杯。
顔見知りも何人かいたので、一階のテラスで食べて飲んでおしゃべり。

c0061862_0123019.jpgアヲルカの美里さんの地元でとれた鯛を使った、
“めで「鯛」カレー”以下、数々のお料理、
最後の紫蘇とアボガドのアイスに至るまで、
アヲルカのお料理はどれも全部美味!!!!!

最後は、キャンドル・リレー用に特別に準備された、
カメヤマキャンドルのハートのキャンドルが、
参加者ひとりひとりに渡され、火がともされていく。

欧米では昔から、
キャンドルの灯りは天使が幸せを運んでくる尊い炎、
と言い伝えられているんだとか。
その幸せの灯りを祝福の想いと共に参加者全員で伝えていき、
全てのキャンドルに炎がともったら、幸せを願いながら一斉に吹き消す。
想いが一つに集まる瞬間、なんだか素敵。

はぁ。。
女友達ってさ、いいね~。
駆け引きないし、本音で話せるし、
みんなそれぞれ頑張って生きているから、
とっても刺激になるし、頑張ろうと改めて思える。

オトコとオンナみたいじゃないし、
オンナ同士って、すごくラク。
居心地がいい。

もうアノヒトは想い過ぎないどこ、
と思ったら。
電話がかかってきた。

でも、ちょうどお開きのとこで、
「またかけなおします」といわれ、おしまい。
そのあと、かかってこないもん。

明日は面接。
今夜は素敵な会に参加し、
美味しいもの沢山いただき、
女友達にも沢山会えておしゃべりしたし、
自分自身のことをきちんとみつめて、
がんばろう。

アノヒトとのことを、一人で考えていても進展するわけじゃないし。
進展しない可能性だってあるんだし。
運を天に任せよう。

それよりもなによりも、
自分自身が幸せになるように、自分の人生を頑張んなきゃ。

さ、まずは明日からの一週間に備えて、
寝ようかな。
[PR]
by shione48 | 2005-07-25 00:12 | amie

待つということ

地震があった。
震源地は市川付近、都内でも震度5の場所があり、
ウチは震度4だった。

電車が止まってしまっている路線もかなりあり、道路も渋滞。
かなり大きな地震だったらしい、、と実家からの電話で知った。
Ralphの散歩中で、そんなに大きいとは体感していなかったから、
びっくり。

アノヒト、だいじょうぶだったかなー、と電話してしまったけど、
コールはなるけどそのまま。
留守電にも切り替わらない。

着歴残っているし、オトコとオンナのことではなく、
イヌのことで電話したかもしれないしれないわけで、
フツーだったから折り返しかかってくると思ったけど、
こないよ!

待つということに慣れていないワタシ、
待つということに伴う、こーゆーキモチ、イヤになる。

やっぱさー、
まだまだまだ、リハビリ必要かも。
めんどくさいよー・・・・(涙)

すっきりしないキモチって、耐えられない(涙)
[PR]
by shione48 | 2005-07-23 23:44 | C'est la vie?!

薄曇

日差しもさすけど、薄曇の今日。
朝の散歩の時には、通り雨。
暑いような肌寒いような、
エアポケットみたいな一日の始まり。

なーーんにも思わずぼーっと庭を眺めながら
Ralphと二人、お昼寝。

この一週間は、久しぶりに心がざわめき、
色んな過去がフラッシュバック。
色んな未来の幻影が交差。

未来を作るのは自分。
過去を作っていくのも自分自身。

自分の為の料理作るために、買い物でも行くか。
一歩先の未来から変えてやる。
[PR]
by shione48 | 2005-07-23 15:56 | C'est la vie?!